注目されている取り組み

今般、Uターン転職に熱い視線が注がれているのは、それだけ多くの人の関心が寄せられていることのあらわれといえる。家族のことや仕事のことなど、何らかの事情があって生まれ育った故郷に帰るというのは、時として大きなチャンスになるだろう。しかし、その反対の事態を引き起こすことも十分にあるのだ。
昨今においては、国策ともいえるかたちで地方創生という言葉があちらこちらで聞こえている。担当大臣をあてるなどして、政治の力を用いて地方の活性化を図る狙いがあるが、その実態は極めて厳しいものだろう。今般、政権交代時から続く景気拡大傾向という要因によって、日本経済は立ち直りを見せている。しかし、その恩恵を受けているのは、ごく一部の地域という声もあがっていのだ。確かに、地方山間部では過疎化や高齢化率の高止まり傾向という事態を抱えている。そのため、Uターン転職といっても、その実態をよく見極める必要があるだろう。政府主導で行われている取り組みには、都市圏から地方に本社機能を移転した場合、税制面での優遇措置を構ずるなど、あの手この手を駆使して地方の活力を呼び起こすことに躍起になっているのだ。何よりも、まずは若い世代が地方に生活の基盤を持つことが重要といえる。
高齢化の波は刻一刻と押し寄せてきており、地方経済に大きな影響を与えはじめている。そんな中、Uターン転職をして自分の生まれ故郷を盛り上げたいとする若者の取り組みが、非常に注目されているのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website